サットチャンネル

録画:省エネで録画する方法

録画予約しながら電気代を節約する

サテラ改は録画予約をして電源OFFをしても、録画が実装される。よって、電気代節約になる。また自分なりの元の取り方を考えてみたので参考にしてほしい。サテラが高いか、それとも安いかはあなたの価値観次第。

当指南はサテラシリーズです。他メーカー品では仕様が違う場合があります。

録画予約して放置しよう

satella

まずはフル番組表を表示させ、全チャンネル(特にハイビジョン放送)から見たい番組を探す。

satella

リモコン緑ボタンで録画予約を実行。

satella

同じ時間帯がかぶらないように、全300チャンネルから24時間1週間先まで番組をチェックしていく。
番組表はキーワード検索できないので、スカパーホームページの番組表から見たい番組を検索する方法が速いかもしれない。
見たい番組が決まれば、ガンガン予約録画をしていく。

satella

十分に予約ができたら、リモコンで電源をOFF。サテラのデジタル表示部分が真っ暗になる。それでは外出する。

satella

帰宅後、電源を入れ再生ボタンを押し、ハードディスクの中身を確認する。うまく録画ができている。

satella

ここで自分なりに気付いた点だが、スカパーHDは有料放送で最大のチャンネル数が視聴できる。さらにサテラ1改チューナーでは
全チャンネルを視聴できる。

有料を視たことの無い人にはわからないかもしれないが、番組内容は実に面白いものが多い。
例えばレンタルしたとする。1本500円で計算したとして6万円に到達するのは120本。
サテラ1改では録画予約が1000本できる(インディアン発言)。1TBのハードディスクなら60分番組だと600本ほど録画できる。
では1TBのハードディスクを2本買って、1本づつ交互に録画をしながら、パソコンで編集し、DVD化していく。
映画、スポーツ、アダルト、ヒストリーなど多岐にわたる番組していく。どれも電源OFFで予約録画。
1日10本厳選しても、1週間で70本。約10日ほどで6万円に到達する。
1ヵ月で300本、2カ月で600本録画できてしまう。2か月で1TBのハードディスクが満タンに。
視聴用にサテラ1改を1台。録画専用に1台。1TBのハードディスクを2台。これが最高だという感覚になってしまう。
ちなみに、1日10本厳選しても、本当に録画したい本数は10本以上になってしまう。1台のサテラでは録画が追いつかない。

そこであなたに必要なサテラの台数を計算してみよう。

フル番組表で全チャンネルの中から1日で何本あるかチェック。
①10本以内・・・・・録画専用サテラ1改は1台で十分。よって視聴用1台、録画用1台の計2台で満足できるはず。
②~20本・・・・・・・・録画専用に2台必要。視聴用も合わせて3台でひとまず満足できる。アダルトを入れるとこうなる可能性大。
③~30本・・・・・・・・録画専用に3台。アンテナも3本必要なため、外から見えないようなアンテナの付け方が必要になるかも。計4台で満足できる。

※サテラゼロでコスト削減!・・・サテラゼロは録画ができない再生専用機らしい。であれば安いので再生専用に1台持っておくと経済的だ。

サテラ無料視聴

Bing Translator

人気ダウンロード

サテラボーナス参加中

サテラボーナスキャンペーン

コピーライト

当サイトサットチャンネルは、無料衛星の楽しみ方を提供しています。また、無料衛星受信チューナーを購入し、個人の趣味ホビーとしてバラし、改造し、実験をした記録とコミュニティサイトです。FTAチューナーを改造して違法行為を助長するものではありません。有料衛星放送の視聴は、必ず放送委託会社との契約を行って下さい。あなたの適用される法令に照らして、本サイトの利用が合法であることを保証しません。 動画・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。内容に関する質問は有権者に、動画のアップロード等の質問・削除依頼に関しましては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。

FTAチューナーを知っていますか?