通報
0 0 vote
Article Rating

このビデオを見て、友達のがんを助けましょう: #BS、アマゾン、ネットフリックス…多チャンネル化で予算削減…疲弊するドラマ業界の今後   5月1日、いよいよ新元号「令和」が施行され、「平成」時代が幕を閉じた。  平成元年時の“月9”枠は『君の瞳に恋してる!』(主演・中山美穂)、NHK大河ドラマは『春日局』(主演・大原麗子)、NHK朝の連ドラは『純ちゃんの応援歌』(主演・山口智子)であった。一方、平成最後の月9は『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(主演・窪田正孝)、大河は『いだてん~東京オリムピック噺~』(主演・中村勘九郎、阿部サダヲ)、朝ドラは『なつぞら』(主演・広瀬すず)である。  この30年余の平成の御代、ドラマは時代を映し、またドラマが時代に影響を与えもし、数々の名ドラマ・迷ドラマが生まれた。この間、ドラマはどう変わり、そして何が変わらなかったのか、ニッポンのドラマに精通した2人の猛者が語り尽くす。  ひとりは、テレビドラマ研究の専門家で、『ニッポンのテレビドラマ 21の名セリフ』(弘文堂)などの著作もある日本大学芸術学部放送学科教授の中町綾子氏。対するもうひとりは、本サイトにて「現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”」を連載する某芸能プロマネージャーの芸能吉之助氏。 BS、アマゾン、ネットフリックス…多チャンネル化で予算削減…疲弊するドラマ業界の今後
0

BS、アマゾン、ネットフリックス…多チャンネル化で予算削減…疲弊するドラマ業界ののコメントをどうぞ

BS、アマゾン、ネットフリックス…多チャンネル化で予算削減…疲弊するドラマ業界のをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 BS、アマゾン、ネットフリックス…多チャンネル化で予算削減…疲弊するドラマ業界のを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、BS、アマゾン、ネットフリックス…多チャンネル化で予算削減…疲弊するドラマ業界のの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments