通報
茨城城城主として、荒木村重とともに摂津の独立勢力であった。荒木村重が織田信長により摂津国の国主になると、荒木村重の家臣としてそれに従う。荒木村重の謀反の原因となった石山本願寺への兵糧の横流しは、家臣・中川清秀の家の者が行なっていたとされいる。しかし、荒木村重が謀反をおこすと、最初はともに反旗をひるがえすも、最後まで抗戦することなく織田信長に寝返った。このことから、後世の評価では「最低」「くず」と散々である。信長亡き後は豊臣秀吉に従い、山崎の戦いなどで武将として活躍するも、賤ヶ岳の戦いにて、猛将・佐久間盛政に砦を急襲され戦死した。キリシタン大名の高山右近はいとこ。妹のせんは漫画『へうげもの』でもしられる古田織部の妻。

中川清秀のコメントをどうぞ

中川清秀をこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 中川清秀を見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、中川清秀の中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。