通報
女優、声優、童話作家。父は劇作家の岸田國士。夫は俳優の仲谷昇(のち離婚)。不思議な色気とユーモラスを兼ね備えた独特の存在感を持つ女優として人気を博した。文学座の研究生となり、1950年に初舞台を踏み女優としての第一歩を踏み出した。1960年には三島由紀夫が演出した『サロメ』の主役に抜擢、以降、数々の舞台で主要キャストを務めた。文学座を退団したあと、1975年に「演劇集団 円」の創設に参加、劇作家・別役実による『トラップ・ストリート』『壊れた風景』など多くの作品に出演した。舞台女優として活躍する一方、映画、テレビドラマでも精力的に活動し、映画『砂の女』ではブルーリボン助演女優賞を受賞した。テレビドラマの代表作に『男嫌い』『大奥』『傷だらけの天使』『御家人斬九郎』などがある。また持ち前の味わい深い声を活かし声優としても活躍しており、特にアニメ『ムーミン』の主人公ムーミン・トロールの声を担当したことで知られる。ちなみに、ムーミンの声を担当したのは幼い娘に自分の仕事を理解してもらうためだったという。

岸田今日子のコメントをどうぞ

岸田今日子をこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 岸田今日子を見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、岸田今日子の中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。