通報
歌人、美術史家、書道家。雅号は、秋艸道人、渾斎。少年時代から和歌に親しみ、東京専門学校(早稲田大学の前身)に入学すると、坪内逍遥や小泉八雲らの講義を受けた。大学卒業後、故郷の新潟で英語教師をしていたが、坪内逍遥に招かれ再び上京、1918年には早稲田中学校の教頭となった。その一方、1924年の初の歌集『南京新唱』をはじめ、1940年には歌集『鹿鳴集』を、1944年には歌集『山光集』を、1951年には読売文学賞を受賞した『会津八一全歌集』を刊行するなど歌人としても活躍した。また、東洋美術史の研究家としても知られ、早稲田大学で東洋美術史を教えたほか、雑誌『東洋美術』の編集に携わった。さらに書道家として1941年に書画図録『渾齋近墨』を刊行している。

会津八一のコメントをどうぞ

会津八一をこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 会津八一を見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、会津八一の中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。