通報
「日本野鳥の会」創立者。日本における野鳥の研究・保護の礎を築いた人物で「野鳥」「探鳥」という言葉は中西悟堂が生み出したもの。歌人、詩人でもある。本名は富嗣で、悟堂は法名である。僧籍に身を置きながら短歌、詩を創作していたが、やがて東京都杉並区善福寺風致地区に移住し野鳥や昆虫などの生態観察に取り組むようになっていった。そして1934年、鳥類愛護の思想普及と鳥類研究の推進を目的に「日本野鳥の会」を創立、同年、雑誌『野鳥』も創刊した。著書に『定本野鳥記』『野鳥と生きて』『かみなりさま わが半世記』などがある。

中西悟堂のコメントをどうぞ

中西悟堂をこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 中西悟堂を見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、中西悟堂の中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。