通報

高見 順(たかみ じゅん、本名・高間芳雄、1907年1月30日 – 1965年8月17日)は、日本の小説家、詩人。

1907年、福井県知事阪本釤之助の非嫡出子として福井県坂井郡三国町(現坂井市三国町)平木に生まれる。母・高間古代(コヨ)は阪本が視察で三国を訪れた際に夜伽を務めた女性である。

1908年、母と共に上京する。実父と一度も会うことなく、東京市麻布飯倉にあった父の邸宅付近の陋屋に育つ。私生児としてしばしばいじめを受けた。阪本家からは毎月10円の手当てを受けていたが、それでは足りず、母が針仕事で生計を立てた。1924年、東京府立第一中学校卒業、第一高等学校文科甲類入学。一高社会思想研究会に入会する。1925年、ダダイスムの雑誌『廻転時代』を創刊する。1926年、校友会文芸部委員に就任する。1927年に一高を卒業、東京帝国大学文学部英文学科に入学する。同人雑誌『文芸交錯』創刊に参加、また1928年に左翼芸術同盟に参加し、機関紙『左翼芸術』に小説『秋から秋まで』を発表する。東大内の左翼系同人雑誌7誌が合同した『大学左派』創刊にも参加する。劇団制作座の仕事に従事し、劇団員だった石田愛子と知り合った。

1929年、『大学左派』の後身『十月』や『時代文化』の創刊に参加し、プロレタリア文学への道を進んだ。1930年に東大を卒業、研究社英和辞典臨時雇として勤務する。その後、コロムビア・レコード会社教育部に勤務する。雑誌『集団』創刊に参加、この頃、日本プロレタリア作家同盟(ナルプ)に参加したと推定される。石田愛子と結婚する。

川端康成(右)とともに(1949年)
誕生 1907年1月30日
日本・福井県坂井郡三国町
(現・坂井市三国町)
死没 (1965-08-17) 1965年8月17日(58歳没)
日本・千葉県千葉市、現稲毛区
墓地 東慶寺
職業 小説家・詩人
言語 日本語
国籍 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 東京帝国大学英文科
ジャンル 小説・詩
文学活動 無頼派 (転向文学)
代表作 『故旧忘れ得べき』(1936年)
『如何なる星の下に』(1939年)
『樹木派』(1950年、詩集)
『いやな感じ』(1963年)
主な受賞歴 毎日出版文化賞(1959年)
新潮社文学賞(1963年)
野間文芸賞(1964年)
デビュー作 『故旧忘れ得べき』(1935年)
子供 高見恭子(長女)
テンプレートを表示

高見順のコメントをどうぞ

高見順をこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 高見順を見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、高見順の中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。