通報

プレーク・ピブーンソンクラーム(英:Luang Pibulsonggram、タイ語แปลก พิบูลสงคราม 1897年7月14日 – 1964年6月11日)は、タイの政治家である。首相を2度務めた。立憲革命時代から第二次世界大戦をまたいでタイの政治に大きな影響力を持ち続け、永年宰相というあだ名までつけられた

日本においては、単にピブンピブーンなどと表記されているがこれはあくまで名字の一部であり、単なる便宜上の略称である。本人は ป.พิบูลสงคราม (P.Pibulsonggram)と署名することが多かったという。旧姓はキータサンカ (ขีตตะสังคะ) 、当初の仕官名はルワン・ピブーンソンクラーム。

ピブーンソンクラームの名前はもともと、プレークのみであったが、後に名字キータサンカが加わった。仕官後はルワン・ピブーンソンクラームという名前が下賜されたが、後にこれを返上し、ピブーンソンクラーム(官名)を1941年から名字(姓)にして、本名のプレークとつなげてプレーク・ピブーンソンクラームと名乗った。ちなみにタイにおいては階級(軍隊も含む)は国王から剥奪されない限り名乗ることが出来たため、階級が付いた名前が正式名称となる。つまり、プレーク・ピブーンソンクラーム元帥が正式名称である。

生年月日 1897年7月14日
出生地 シャム、ノンタブリー県
没年月日 (1964-06-11) 1964年6月11日(66歳没)
死没地 日本、神奈川県相模原市
所属政党 人民党
自由マナンカシラー党(タイ語版、ドイツ語版)
サイン

第3代首相
内閣 第1次ピブーン内閣
第2次ピブーン内閣
在任期間 1938年12月16日 – 1944年8月1日
国王 ラーマ8世

第11代首相
内閣 第3次ピブーン内閣
第4次ピブーン内閣
第5次ピブーン内閣
第6次ピブーン内閣
第7次ピブーン内閣
第8次ピブーン内閣
在任期間 1948年4月8日 – 1957年9月16日
国王 ラーマ9世
テンプレートを表示

プレーク・ピブーンソンクラームのコメントをどうぞ

プレーク・ピブーンソンクラームをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 プレーク・ピブーンソンクラームを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、プレーク・ピブーンソンクラームの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。