通報

石渡 荘太郎(いしわた そうたろう、明治24年(1891年)10月9日- 昭和25年(1950年)11月4日)は東京都出身の官僚、政治家。位階・勲等は正三位勲一等

旧幕臣で第一次西園寺公望内閣の内閣書記官長を務めた石渡敏一の長男。

自身も大蔵大臣・内閣書記官長・宮内大臣などを歴任。近衛文麿の学友であり、税務・経済のスペシャリストとして各政権で重用された。

生年月日 (1891-10-09) 1891年10月9日
出生地 日本 東京都
没年月日 (1950-11-04) 1950年11月4日(59歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学法律学科英法科
称号 正三位勲一等
親族 石渡敏一(父)

第12代 宮内大臣
在任期間 1945年6月4日 – 1946年1月16日

第39代 大蔵大臣
内閣 平沼内閣
在任期間 1939年1月5日 – 1939年8月30日

第45代 大蔵大臣
内閣 東条内閣、小磯内閣
在任期間 1944年2月19日 – 1945年2月21日

第43代 内閣書記官長
選挙区 米内内閣
在任期間 1940年1月16日 – 1940年7月22日

第50代 内閣書記官長(国務大臣兼任)
内閣 小磯内閣
在任期間 1945年2月21日 – 1945年4月7日
テンプレートを表示

石渡荘太郎のコメントをどうぞ

石渡荘太郎をこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 石渡荘太郎を見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、石渡荘太郎の中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。