通報

小島 信夫(こじま のぶお、1915年(大正4年)2月28日 – 2006年(平成18年)10月26日)は、日本の小説家・評論家。

岐阜県稲葉郡加納町(現・岐阜市加納安良町)出身。旧制岐阜中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)、第一高等学校を経て、1941年東京帝国大学文学部英文科卒業。卒業論文は『ユーモリストとしてのサッカレイ』。

1942年より中国東北部で従軍、敗戦でポツダム上等兵(伍長)。1946年復員し、1948年4月から千葉県立佐原女子高等学校で教え、1949年度より東京都立小石川高等学校に移る。1954年からは明治大学工学部助教授として英語を教え、1961年に理工学部教授に昇格、以後1985年の定年まで勤務する傍ら旺盛な文筆活動を行った。

誕生 1915年2月28日
日本・岐阜県稲葉郡加納町
(現・岐阜市加納安良町)
死没 (2006-10-26) 2006年10月26日(91歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 東京帝国大学英文学科卒業
活動期間 1953年 – 2006年
ジャンル 小説
文学活動 第三の新人
代表作 『アメリカン・スクール』(1954年)
『抱擁家族』(1965年)
『別れる理由』(1982年)
『うるわしき日々』(1997年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1955年)
谷崎潤一郎賞(1965年)
芸術選奨(1973年)
日本文学大賞(1981年)
日本芸術院賞(1982年)
野間文芸賞(1982年)
読売文学賞(1998年)
旭日重光章(2004年)
デビュー作 『小銃』(1953年)
テンプレートを表示

小島信夫のコメントをどうぞ

小島信夫をこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 小島信夫を見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、小島信夫の中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。