通報

柴田 錬三郎(しばた れんざぶろう、1917年(大正6年)3月26日 – 1978年(昭和53年)6月30日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、中国文学者。本名は齋藤 錬三郎(さいとう れんざぶろう)。シバレン(柴錬)という通称でも名高い。

歴史小説に新風を送ったことで業績は名高い。『イエスの裔』は芥川賞と直木賞の両方の候補となったが天秤にかけて直木賞を受賞し、その後選考委員となる。代表作に『眠狂四郎』『御家人斬九郎』『水滸伝』『徳川太平記』など多くがあり、戦国・幕末を扱った作品が多く、剣客ブームを巻き起こした。

岡山県邑久郡鶴山村(現・備前市)の地主・柴田知太の三男として生まれる。父は日本画家でもあった。

1951年
ペンネーム 君尾哲三
シバレン
誕生 柴田 錬三郎
1917年3月26日
日本 岡山県邑久郡鶴山村
死没 (1978-06-30) 1978年6月30日(61歳没)
日本 東京都新宿区信濃町
墓地 伝通院
職業 作家
国籍 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 慶應義塾大学支那文学科
活動期間 1938年 – 1978年
ジャンル 歴史小説、推理小説、時代小説
主題 ニヒリズム
文学活動 剣豪小説
代表作 『イエスの裔』(1952年)
『眠狂四郎無頼控』(1956年)
『図々しい奴』(1960年)
『御家人斬九郎』(1976年)
主な受賞歴 直木賞(1951年)
吉川英治文学賞(1970年)
デビュー作 『十円紙幣』(1938年)
テンプレートを表示

柴田錬三郎のコメントをどうぞ

柴田錬三郎をこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 柴田錬三郎を見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、柴田錬三郎の中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。