通報

バック・ヘンリー(Buck Henry, 1930年12月9日 – )は、アメリカ合衆国の俳優・脚本家・映画監督である。

1930年、ニューヨーク州ニューヨーク市に生まれる。母親はサイレント映画女優のルース・テイラー、父親は元アメリカ空軍の将官でその後はストック・ブローカーだった。1960年代から脚本家、俳優として頭角を現し始め、1965年からテレビ放送されたドラマシリーズ『それ行けスマート』の原案と脚本をメル・ブルックスと共に担当して、広く知られるようになった。1964年には『The Troublemaker』という映画の脚本・キャストとして参加したほか、1967年にはダスティン・ホフマン主演の青春映画『卒業』や1968年の『キャンディ』へも脚本の傍ら、出演者としてもクレジットされている。

その後のキャリアで持ち前のコメディセンスも評価され、1976年からは人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』へもゲストとして出演し、更に幅広く支持されるようになった。同番組内では有名人や俳優のモノマネや番組オリジナルのキャラクターに扮してビル・マーレイ等とも共演した。その後も俳優、脚本家、映画監督と幅広い才能を発揮し、1978年の『天国から来たチャンピオン』では、ウォーレン・ビーティと共同監督を担当したほか、90年代に入ってもガス・ヴァン・サント監督でニコール・キッドマン主演の『誘う女』の脚本を担当した。

本名 Henry Zuckerman
生年月日 (1930-12-09) 1930年12月9日(88歳)
出生地 ニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
脚本家
映画監督
活動期間 1991年 – 現在
テンプレートを表示

バック・ヘンリーのコメントをどうぞ

バック・ヘンリーをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 バック・ヘンリーを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、バック・ヘンリーの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。