通報

ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ(Hans Bronsart von Schellendorff[注 1] 1830年2月11日 – 1913年11月3日)は、ドイツの音楽家、作曲家。リストの弟子の一人である。

ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ(ブロンサルトとも呼ばれる)はプロイセンの軍人の家庭に生まれ、ベルリン大学で学んだ。彼は1853年にヴァイマルに赴き、リストに会うとともに当時リストのサークルにいたあらゆる音楽家たちと親しくなった。その中にはベルリオーズやブラームスなどがいる。ブロンサルトとリストの近しい関係は、リストの「ピアノ協奏曲第2番」のヴァイマル初演の際にリストが指揮をし、ブロンサルトがソロを受け持ったことからも窺える。この協奏曲の出版に際して、リストはブロンサルトに献呈を行っている。リストの下で数年間の研鑽を積んだのち、ブロンサルトはライプツィヒとベルリンで指揮者として活動した。その後ハノーヴァーで1867年から1887年の間、王立劇場の総監督を務める。1887年からはヴァイマルで同様の職に就き、1895年に引退するまでその地位にとどまった。

ブロンサルトの2番目の妻、インゲボルク(Ingeborg 旧姓Lena Starck)(1840年 – 1913年)もまた作曲家であり、2人はヴァイマルで出会って1861年に結婚している

1893年の書物から
基本情報
生誕 1830年2月11日
死没 (1913-11-03) 1913年11月3日(83歳没)
ドイツ ミュンヘン
職業 作曲家、ピアニスト

ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフのコメントをどうぞ

ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。