通報

ジョルジュ・アメデ・サン=クレール・マティアス(Georges Amedee Saint-Clair Mathias, 1826年10月14日 – 1910年10月14日)は、フランスのパリ生まれのピアニスト・ピアノ教師・作曲家。

1826年、パリでドイツ人の父親、ポーランド人の母親との間に生まれる。

パリ音楽院でフランソワ・バザンとジャック・アレヴィに作曲を師事する。プライヴェートでフリードリヒ・カルクブレンナーにピアノと作曲を師事した後、1838年にフレデリック・ショパンに師事する。ショパンへの師事期間はさまざまな諸説があるが、最低5年は師事したとされている。

1862年、パリ音楽院ピアノ科教授に就任し、1893年まで務める。

基本情報
生誕 (1826-10-04) 1826年10月4日
出身地 フランスパリ
死没 (1910-10-14) 1910年10月14日(84歳没)
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ジョルジュ・マティアスのコメントをどうぞ

ジョルジュ・マティアスをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 ジョルジュ・マティアスを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、ジョルジュ・マティアスの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。