通報

エルンスト・フリードリヒ・カール・ルドルフ(Ernst Friedrich Karl Rudorff, 1840年1月18日 – 1916年12月31日)は、ドイツの作曲家、音楽教師。

ベルリンに生まれる。1852年から1857年までヴォルデマール・バルギールにピアノを学ぶ。1959年にライプツィヒ音楽院に入学し、イグナーツ・モシェレス、ルイ・プレディ、ユリウス・リーツに師事した。また、モーリッツ・ハウプトマン、カール・ライネッケからも個人的な手解きを受けた。1865年にケルン音楽院でピアノを教え始め、1867年にはケルン・バッハ協会 (Bach-Verein Köln) を設立した。1869年にベルリンに移住し、ベルリン高等音楽学校(現在のベルリン芸術大学)で1910年までピアノ講師を務めた。1880年から1890年まで、マックス・ブルッフの後任としてシュテルン合唱協会を指揮した。ベルリンにて没。

主な作品に、交響曲第1番変ロ長調(作品31)、交響曲第2番ト短調(作品40)、交響曲第3番ロ短調(作品50)、オーケストラのためのセレナーデ(イ長調作品20、ト長調作品20)、ルートヴィヒ・ティークの「金髪のエックベルト」Märchen vom blonden Ekbertへの序曲(作品8)、「射手オットー」Otto der Schützへの序曲(作品12)、「ロマンティック序曲」Romantische Ouvertüre(作品45)、オーケストラのための三楽章のバラード(作品15)、オーケストラのための変奏曲(作品24)、ヴァイオリンとオーケストラのためのロマンツェ(作品41)、Der Aufzug der Romanze(ルートヴィヒ・ティークによるリブレット)、Gesang an die Sterne(フリードリヒ・リュッケルトによるリブレット)、Herbstlied(作品43)、弦楽六重奏曲イ長調(作品5)がある。また、多くの歌曲を作曲した。

その他、フランツ・シューベルトの幻想曲の管弦楽編曲、カール・マリア・フォン・ヴェーバーのオイリアンテの総譜校訂、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのピアノ協奏曲集、ピアノソナタ集の総譜校訂、ヴェーバーのハインリヒ・リヒテンシュタインへの書簡の出版(1900年)などに携わった。ルドルフとヨハネス・ブラームス、ヨーゼフ・ヨアヒムとの往復書簡が出版されている。

基本情報
生誕 1840年1月18日
出身地  プロイセン王国 ベルリン
死没 1916年12月31日
学歴 ライプツィヒ音楽院
ジャンル ロマン派音楽
職業 作曲家、音楽講師

エルンスト・ルドルフのコメントをどうぞ

エルンスト・ルドルフをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 エルンスト・ルドルフを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、エルンスト・ルドルフの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。