通報

デイヴ・バーソロミュー(Dave Bartholomew、1918年12月24日 – 2019年6月23日)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州エドガー出身のミュージシャン、バンドリーダー、作曲家、編曲家。1950年代以降のニューオーリンズ音楽の形成に大きく貢献した。

バーソロミューは、リズム・アンド・ブルース、ビッグバンド、スウィング・ジャズ、ロックンロール、ニューオーリンズ・ジャズ、ディキシーランド・ジャズなど数多くの音楽ジャンルで活躍した。彼の曲をレコーディングしたミュージシャンアーティストは数多いが、中でもファッツ・ドミノとのパートナーシップが彼のキャリアの中でも特筆すべき成功を収めている。1950年代の半ばに、彼らはインペリアル・レコードの下で、”I’m in Love Again”、”Blue Monday”、”I’m Walkin'”など40曲以上のヒット曲を世に送り出し、そのうち”Goin’ Home”と”Ain’t That a Shame”など複数の曲がビルボードR&Bチャートの1位に輝いている。 彼は、ソングライターの殿堂、並びにロックの殿堂入りを果たしている。

バーソロミューが最初に覚えた楽器はチューバであったが、のちにトランペットが彼のメインの楽器となった。彼のプロのキャリアは、ニューオーリンズでアルヴィン”レッド”タイラー、アール・パーマー、リー・アレンらがメンバーに入ったバンドを結成したところから始まっている。

基本情報
生誕 1918年12月24日
出身地 米国ルイジアナ州エドガー
死没 2019年6月23日
ジャンル ジャズ
R&B
ロックンロール
職業 トランペッター
バンドリーダー
作曲家
編曲家
担当楽器 トランペット
活動期間 1947年 〜 現在
レーベル インペリアル・レコード他
共同作業者 ファッツ・ドミノ

デイヴ・バーソロミューのコメントをどうぞ

デイヴ・バーソロミューをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 デイヴ・バーソロミューを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、デイヴ・バーソロミューの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。