通報

スキップ・マーティン (Sennie “Skip” Martin III、1957年6月25日 – )は、アメリカ合衆国 サンフランシスコ出身。ラスベガス在住のシンガー、トランペット奏者。

ダズ・バンド(1980-)とクール・アンド・ザ・ギャング(1987-2007)のリードボーカルとトランペットを担当。ダズ・バンドのLet It Whipでグラミー賞を受賞。

East Wind Bandのリード・ボーカルとして活動後、Mighty Generation Bandに加入。その後、Dazz Bandへ1980年に加入し、”Let It Whip”でグラミー賞を受賞。1987年にクール・アンド・ザ・ギャングへ移籍した。20年間のクール・アンド・ザ・ギャング在籍中、10年間は、ダズ・バンドとの掛け持ちでの活動をしている。クール・アンド・ザ・ギャング脱退後は、ダズ・バンドとしての活動を続けながら、ソロとしての活動を続けている。

スキップ・マーティンはトラペット奏者として11歳の時からジャズをこよなく愛し始め、後に高校生の時に、モントレー・ジャズ・フェスティバルで優秀賞を授与される。ジャズ分野で初めてリリースしたソロアルバムには、Ronnie Laws, Wayman Tisdale, Al McKay, Rickey Lawson and Bruce Conteが参加している。

基本情報
生誕 1957年6月25日
出身地 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
ジャンル ファンク/Jazz/R&B/ソウル
職業 シンガー、トランペッター、プロデューサー、作曲家
共同作業者 ダズ・バンド、クール・アンド・ザ・ギャング、トム・シューマン(スパイロ・ジャイラ)、アルトゥーロ・サンドヴァル
公式サイト

www.skipmartinmusic.com

www.soundsuccessjapan.com

スキップ・マーティンのコメントをどうぞ

スキップ・マーティンをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 スキップ・マーティンを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、スキップ・マーティンの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。