通報

ビル・チャンプリン(William Bradford “Bill” Champlin、1947年5月21日 – )はアメリカのミュージシャン。シカゴの元メンバー。サンズ・オブ・チャンプリンのメンバー。グラミー賞受賞者。

カリフォルニア州オークランド生まれ。1965年にサイケデリック・ロック・バンドのサンズ・オブ・チャンプリンを結成。セールスには恵まれぬも、1977年に脱退・解散するまで地道に活動を続ける。1978年、デヴィッド・フォスターに見出され、アルバム「独身貴族」でソロ・デビュー。これ以外にもバックアップ・ヴォーカルなどで数々のレコーディングに参加。

作曲家としても1979年にデヴィッド・フォスター、ジェイ・グレイドンと共作したアース・ウィンド&ファイアーの「After The Love Has Gone」(『黙示録』収録)でグラミー賞の最優秀R&B楽曲賞を受賞。1983年にはグレイドン、スティーヴ・ルカサーと共作したジョージ・ベンソンの「Turn Your Love Around」でも同賞を受賞。

1981年、シカゴに加入。「ルック・アウェイ」などのヒット曲のメイン・ヴォーカルで渋い存在感を見せた。 その後、シカゴの活動と並行しながら、ソロ・アルバムの制作やセッション活動やサンズ・オブ・チャンプリンの再結成など多岐に渡り活動。

基本情報
生誕 (1947-05-21) 1947年5月21日(72歳)
出身地 アメリカ・カリフォルニア州
ジャンル ロック
ポップス
blues
R&B
担当楽器 ボーカル
ギター
キーボード
活動期間 1965年 –
共同作業者

サンズ・オブ・チャンプリン

シカゴ

ビル・チャンプリンのコメントをどうぞ

ビル・チャンプリンをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 ビル・チャンプリンを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、ビル・チャンプリンの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。