通報

テレンス・ブランチャード(Terence Blanchard、1962年3月13日 – )はアメリカ合衆国のジャズ・トランペット奏者、バンドリーダー、作曲家。奏者としての活動に加えて、映画音楽の作曲も多く、特にスパイク・リーの監督作品のサウンドトラックを多数制作してきた

ルイジアナ州ニューオーリンズで生まれ育ち、同郷のウィントン・マルサリスとは幼なじみだった。ラトガース大学で学ぶかたわら、ライオネル・ハンプトンのツアー・バンドに参加し、1982年にはマルサリスの推薦で、アート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズに加入。1983年には、ジャズ・メッセンジャーズで活動を共にしていたサックス奏者のドナルド・ハリソンと連名のリーダー・アルバム『New York Second Line』を制作し、ブランチャードは1986年にジャズ・メッセンジャーズを脱退してからも、ハリソンとのコンビで活動を続ける

その後スパイク・リーと出会い、映画『モ’・ベター・ブルース』(1990年公開)のサウンドトラックの作曲を依頼されるが、「自分にはまだ映画音楽のスコアを作るなんて無理だ」と考えて辞退した。ただし、クレジットには記載されていないが、実際にはブランチャードも「シング・ソウェト」という自作曲を提供しており、この曲は後にブランチャードのリーダー・アルバムでも再録音されている。ブランチャードは『モ’・ベター・ブルース』において、主演俳優デンゼル・ワシントンの演奏シーンの吹き替えを行うだけでなく、ワシントンにトランペット演奏の運指練習なども指導した

テレンス・ブランチャード(2008年)
基本情報
生誕 (1962-03-13) 1962年3月13日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル ジャズ、映画音楽
職業 トランペット奏者、作曲家、バンドリーダー
担当楽器 トランペット
活動期間 1980年 –
レーベル コンコード・レコード
コロムビア・レコード
ソニー・クラシカル
ブルーノート・レコード
共同作業者 アート・ブレイキー、ドナルド・ハリソン、スパイク・リー、E-コレクティヴ他
公式サイト terenceblanchard.com

テレンス・ブランチャードのコメントをどうぞ

テレンス・ブランチャードをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 テレンス・ブランチャードを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、テレンス・ブランチャードの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。