通報

ベラ・アントン・レオス・フレック(Béla Anton Leoš Fleck, 1958年6月10日 – )はアメリカのバンジョープレイヤー。 世界で最も革新的で技巧的なバンジョープレイヤーの一人として知られ、 ニューグラス・リバイバルやベラ・フレック&フレックトーンズといったバンドでの活動でも広く知られている。

ベラ・フレックはニューヨークに生まれ、ハンガリーの作曲家バルトーク・ベーラ、オーストリアの作曲家アントン・ヴェーベルン、チェコの作曲家レオシュ・ヤナーチェクの三人の名から名づけられる。 フレックは元教師の母親の手によって育てられ彼が40代になるまで父親と出会うことは許されなかった。フレックはテレビ番組”じゃじゃ馬億万長者”のテーマソングになっていた、アール・スクラッグスの演奏を聴き、バンジョーに興味を持つ。1973年、彼が15歳の時に祖父から、彼にとって初めてのバンジョーを贈られる。 その後、フレックはニューヨークの音楽芸術高校に入学し、ホルンを学ぶ。また、彼は、トニー・トリシカの下でバンジョーを習う学生でもあった。

高校卒業後すぐに、フレックはタスティー・リックスのバンドメンバーであるジャック・トットル、パット・エンライト、マーク・シャッツとの演奏のためにボストンに行った。この間の1979年、フレックはファースト・ソロアルバム”Crossing the Tracks”をリリース。このアルバムは彼のプログレッシブ・ブルーグラス作曲への最初の冒険であった。

ベラ・フレック
ベラ・フレック(02/09/2007)
生誕 ベラ・アントン・レオス・フレック
(1958-07-10) 1958年7月10日(61歳)
アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
配偶者 アビゲイル・ウォッシュバーン
子供 男子 (2013)
音楽家経歴
ジャンル ジャズ, ジャズフュージョン, ブルーグラス, フォーク, クラシック, ワールド・ミュージック, ロック, フォークロック
職業 ミュージシャン, ソングライター, 作曲家
担当楽器 バンジョー, ギター, ドブロ, フラットマンドリン, セラミン, ピアノ
活動期間 1976–
レーベル Rounder, Warner Bros., Sony Classical, Rhino
共同作業者 ベラ・フレック&フレックトーンズ, デイブ・マシュー・バンド, トリオ!, チック・コリア, Strength in Numbers, ニューグラス・リバイバル, スパロウ・カルテット, アビゲイル・ウォッシュバーン, エドガー・メイヤー, クリス・シーリ
公式サイト belafleck.com
著名使用楽器
Deering Crossfire electric banjo with custom pickups and synthesizer pickup
補足

ベラ・フレックのコメントをどうぞ

ベラ・フレックをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 ベラ・フレックを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、ベラ・フレックの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。