通報

ラスカル・フラッツ(Rascal Flatts)はアメリカ合衆国のカントリー・ミュージックバンド。テネシー州ナッシュビルで、Gary LeVox (リードボーカル), Jay DeMarcus (ベースギター、キーボード、ボーカル),Joe Don Rooney (リードギター、ボーカル)の3人によって結成された。 なお、Gary LeVox とJay DeMarcusは又いとこ同士である。

Lyric Street Recordsから5枚のスタジオアルバムと1枚のライブ・コンピレーションをリリースしてきた。 2000年の『Rascal Flatts』は、米国で2枚のマルチ・プラチナムを与えられ、2002年の『Melt』は、米国で3枚のマルチ・プラチナムを与えられた。 2004年の『Feels Like Today』では5枚のマルチ・プラチナムを与えられ、2006年の『Me and My Gang』では4枚のマルチ・プラチナムを与えられた。2007年の『Still Feels Good』では2枚のマルチ・プラチナムを与えられた。

ビルボードのHot Country Songsでは8度首位を獲得した。トム・コクランの楽曲のカバーである『ライフ・イズ・ア・ハイウェイ』(2006年の映画『カーズ』主題歌)は、リクエストなしでチャートインした。もっとも長くチャートインした曲は、”Bless the Broken Road”で、2004年末から2005年初頭にかけて5週間チャートインした。最も多くのチャートにチャートインした曲は “What Hurts the Most”で、2006年にカントリー・チャートとアダルト・コンテンポラリー・ミュージック・チャートにランクインし、トップ・テン・ポップ・ヒットになった。

また2010年3月にはアメリカの人気テレビドラマ『CSI:科学捜査班』に三人揃って本人役で出演。コンサート中に細工されたアンプのせいでベース担当のデマーカスが感電死しかけ一時的に脳に異常を来しカントリー嫌いなラップ好き人格になってしまうという筋書きで、終盤のコンサートシーンの冒頭で実際にラップを披露している。ちなみに同エピソードではアラン・ラックがラスカル・フラッツのマネージャー役を務めている。

2013年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国オハイオ州 コロンバス
ジャンル カントリー・ミュージック
活動期間 1999 – 現在
レーベル Lyric Street Records
公式サイト www.rascalflatts.com
メンバー Jay DeMarcus
Gary LeVox
Joe Don Rooney

ラスカル・フラッツのコメントをどうぞ

ラスカル・フラッツをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 ラスカル・フラッツを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、ラスカル・フラッツの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。