通報

ザ・レヴォリューション(The Revolution) は、アメリカ合衆国のロックバンド。1979年、ミネソタ州ミネアポリスで、プリンスによって結成された。 ロック音楽と幅広く結び付いたこのバンドのサウンドだが、そこにはヘヴィメタル、ポップ、ファンク、R&B、ハードロックなどの要素が、取り込まれている。ザ・レヴォリューションは、公式に解散を表明するまでに、スタジオ制作アルバム1枚、サウンドトラック・アルバム2枚、ビデオ2作品を制作した。バンドはメンバーも多く、人種や性別などの点でも多様であった。

ザ・レヴォリューションは、合衆国国内だけでも1600万枚以上売れたアルバム『パープル・レイン』(1984年)の成功で世界的に有名になったザ・レヴォリューションは、ビルボード誌のアルバム・チャート「Billboard 200 albums」の首位に立ったアルバムが2枚(『パープル・レイン』、『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』)、シングル・チャート「Billboard Hot 100」のトップ10に入った曲が6曲あり、獲得したグラミー賞は3個あった。ザ・レヴォリューションは、1986年の映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン (Under the Cherry Moon)』のサウンドトラック・アルバム『パレード』に合わせたParade ツアーの後、正式に解散した

プリンスは、デビューアルバム『フォー・ユー』を1978年に発表した後、バックバンドを作ることになり、憧れていたスライ・ストーンに倣って、人種やジェンダーが多様なバンドを編成した。当初のラインアップは以下の通りであった。

プリンス、1986年、ブリュッセルにて。
基本情報
出身地 ミネソタ州ミネアポリス
ジャンル ロック、ポップ・ロック、ファンク
職業 バックバンド
活動期間 1979 – 1986
レーベル Warner Bros., Paisley Park
共同作業者 The Time, Vanity 6, Apollonia 6, Sheila E., The Family, Mazarati, The New Power Generation
メンバー プリンス (1979-1986)
Wendy Melvoin (1983-1986)
Lisa Coleman (1980-1986)
Brown Mark (1982-1986)
Matt Fink (1979-1986)
Bobby Z. (1979-1986)
Miko Weaver (1985-1986)
Susannah Melvoin (1985-1986)
Eric Leeds (1985-1986)
Atlanta Bliss (1985-1986)
Jerome Benton (1985-1986)
Wally Safford (1986)
Greg Brooks (1986)

ザ・レヴォリューションのコメントをどうぞ

ザ・レヴォリューションをこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 ザ・レヴォリューションを見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、ザ・レヴォリューションの中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。