通報

山中 貞雄(やまなか さだお、1909年(明治42年)11月8日 – 1938年(昭和13年)9月17日)は、日本の映画監督、脚本家である。京都府生まれ。

1909年(明治42年)11月8日、京都市東山区本町通五条下ルに、扇子職人の父・喜三右衛門、母・よその末子として生まれる。

1922年(大正11年)、旧制・京都市立第一商業学校(現在の京都市立西京高等学校)に入学、同級生にのちに松竹下加茂撮影所の脚本家となり「鳴滝組」の仲間となる藤井滋司、1年先輩に「日本映画の父」こと牧野省三の長男・マキノ正博(のちのマキノ雅弘)がいた。山中自身も少年時より「カツキチ(活動写真きちがいの略)」と呼ばれるほど大の映画好きであった。

1927年(昭和2年)、一商の先輩であるマキノ正博を頼って、マキノ御室撮影所へ入社する。城戸品郎監督の助監督に付くが動きが悪く、ロケの届け出専門だった。

キネマ旬報社『キネマ旬報』第497号(1934)より山中貞雄(右)、片岡千恵蔵(中)、吉田清太郎(左)
本名 山中 貞雄
別名義 阿古 三之助 あご さんのすけ
社堂 沙汰夫 しゃどう さたお
吉岡貞明よしおか さだあき
梶原 金八 かじわら きんぱち (共同名)
生年月日 (1909-11-08) 1909年11月8日
没年月日 (1938-09-17) 1938年9月17日(28歳没)
出生地 日本 京都府京都市東山区
死没地 中華民国(国民政府) 河南省開封市
国籍 日本
民族 日本人
職業 映画監督、脚本家
ジャンル サイレント映画、トーキー、時代劇
活動期間 1927年 – 1937年
活動内容 1927年 マキノ御室入社
1932年 監督第1作発表
1934年 鳴滝組結成
1937年 東京のPCLに移籍
著名な家族 加藤泰
主な作品
『盤嶽の一生』
『街の入墨者』
『丹下左膳余話 百萬両の壺』
『河内山宗俊』
『人情紙風船』
テンプレートを表示

山中貞雄のコメントをどうぞ

山中貞雄をこれから見たい、またはすでに見たユーザーは、 山中貞雄を見て語りたいとおもいませんか?? そういった方々! ここであなたの意見を書いてみませんか? また、山中貞雄の中で好きだったシーンや 心に残ったシーン、セリフなどありましたら 下記コメント欄に書いてください。 コメントを書くたびにポイントが増え、良い評価をもらうとさらにポイントが増えていきます。 また、ユーザーおすすめの番組として各ページに表示されるようになり、 他のユーザーがおススメ番組を探すのに役立ちます。

ログイン するとコメントできます。