ネット接続プロバイダと回線速度を調べよう

ネット接続プロバイダと回線速度を調べよう│無料動画│satella2 matome purobaida
このまとめ参加メンバー
yuki3303さん hirokotanaさん sunsunsun2さん 2chcopyさん
サテラ2に接続するインターネット回線の速度がどれくらいの速度なら繋がる、繋がらないの結果を皆さんで情報を共有するためにプロバイダの契約情報を集めたらどうでしょうか。また、解除サーバーが繋がらないプロバイダがあるか検証するためにメンバーのプロバイダ情報を集めてみるのも良いかと思います。そのためにサイト運営チームにプロバイダ情報をプロフィールに登録できるようにお願いしました。今後の対策としてプロバイダが解除サーバーに接続させないように対策が取られることがあれば、プロバイダ選びもポイントになるかもしれません。
申し訳ございません。このページは現在メンバー達による情報収集とまとめページの執筆中です。もうしばらくお待ちください。また新しい情報がございましたらサットフォーラムにコメントをしてください。

Responses

  1. 職場のインターネットを道路をはさんで無線(wifi)で飛ばしてそこから有線または再度無線でとばしてサテラ2に利用していたらサーバーに接続できないことも多く、つながっても画面がフリーズしまくりでやはり自分でネットをひかなければダメかなってあきらめていたのですが、楽天モバイルのデザリングでスムーズにいくのが確認できました。これならいくらネットにつないでも2980円なので新たにネット回線を引くより安くいけます。もともと1Gまでの分980円は絶対支払わなければならない分なので、最高実質2000円くらいのネットでサテラ2が生き返りました。受診47.4Mbps 送信33.4Mbpsでした。

  2. 最後に第三ののボトルネックとして先細りになると速度がでない、それと転送量制限はこの上流回線がどこに繋がってるかで決まると思っても良いと思います。
    なので回線の速度がでない場合、第一のボトルネック以下の速度しか出ない時には上流回線の違う別のプロバイダー契約をして2契約でのデュアルセッションを構築すると回線速度を使いきる事ができます。
    プロバイダーを選ぶときにはこの3つのことを頭においてみてはいかがでしょうか。

  3. 思うんですが、例えば自宅に光回線を引くとします。
    そのときNTTは自宅近くの終端架から自宅まで光ファイバーを引くのですが、引いた時点での基地局と自宅間の回線速度を測定します。
    この値がその回線が出せるMAXスピードになります。(第一のボトルネック)
    次に、個人がプロバイダー契約を行って自宅とプロバイダー間の速度が出ます。(第二のボトルネック)
    その次が実際に契約したプロバイダーがどのくらいの上流回線を確保しているかが問題になります。(第三のボトルネック)
    基本的に第一のボトルネック以上の速度は出ません。
    第二のボトルネックは契約したプロバイダーのアクセポイントが近くなるほど速くなります。