タグ: 

  • オリジナル長編時代劇 「闇の狩人」

    投稿者 forum の上 2018/11/1009:32

    [attachment file=486909]

    釜塚の金右衛門一党の盗賊・雲津の弥平次は、上州と越後境の湯治場で、崖下に倒れていた一人の侍を助ける。その若者は何者かに襲われ深い傷を負い、すべての記憶を失っていた。女房のしまと共に、男を介抱した弥平次は、自分の名から一文字とって「谷川弥太郎」と名づけ、一期一会と別れていく。

    数年後、江戸―
    首領亡き後、一党の跡目争いに巻きこまれていた弥平次は、ある夜偶然、弥太郎が人を斬る姿を目撃する。依然として記憶が戻らない弥太郎は、香具師の元締・五名の清右衛門に拾われ、仕掛人となっていた。彼の身を案じた弥平次は、清右衛門のもとから助け出そうと決意する。一方、弥太郎は仕掛けた相手から「笹尾平三郎」という名で呼ばれ、激しく動揺する。

    それが自分の名前なのか、自分はいったい何者なのか―

    forum 答えた 5 年. 8 ヶ月前 1 メンバー · 0 返信
  • 0 返信

返信、回答を待っています。あなたも参加してもらえませんか?

Log in to reply.